警備会社設立の条件

警備会社を設立する際、他の産業と比べて条件が厳しく感じるのはなぜか?法規制されているのはなぜか?その理由は世の中のニーズに応えるべく必要不可欠なことなのです。

警備業の要件の意図とは?

警備業の要件とは警備業を営むにあたって的確な人物だけに許可するための基本となるものです。すなわち悪質な人物や不適格と思われる人物が警備業を営むと犯罪に繋がりやすくなるため、これらのことを未然に防止する意図があります。

なぜ警備会社は法規制されるのか?

大きなくくりでいうと、警備業はサービス業です。しかしながら他のサービス業と比較すると、警備業務は人の生命や身体の危険を保護したり、警備を依頼された方の現金や財産など守ることがメインの仕事です。すなわち警備業務を行うとき、依頼者と警備業者との契約に基づく信頼関係が必要なわけですが、警備業者がその信頼を裏切るような行為をされては困るのです。このようなことから警備業法により規制されています。

警備会社の設立

警備業の要件だけで警備会社を設立することはできません。警備業法の別項に記載されているように届出を出し、認可されなければなりません。

警備業の現在と未来

警備業の要件のベースは昭和47年(1972年)6月に成立した旧警備業法に基づくものです。当時、日本の高度成長期に警備業も発展し、ひとつの産業として一般的に受け入れられていたのですが、それまでは法による規制が無かったため不適格業者が多かったのです。もちろん現存する警備業者は安心ですし、警備員として人格者も多いです。これからますますグローバルに多様化する世界で、警備会社の需要は高まることでしょう。

最新(更新)記事

特別に権限を与えられていない - 警備員には警察官のような職務質問や取調べ行為は許されているのでしょうか?警備員には警察のような権限は一切ありません。では警備員が許される範囲とは?

警備員教育の義務 - 警備員への教育は法律で義務付けられています。警備員教育は基本教育と業務別教育に分かれます。警備業者は警備員への教育のほか、指導、監督が必要です。

警備会社設立の条件 - 警備会社を設立する際、他の産業と比べて条件が厳しく感じるのはなぜか?法規制されているのはなぜか?その理由は世の中のニーズに応えるべく必要不可欠なことなのです。

警備員の制服 - 警備員と警備会社は警備業務をするとき、勝手に好き勝手な制服を着用することが出来ません。制服にはさまざまな制限(規制)があります。

警備員の護身術 - 警備員の護身術とはどのようなものか?必ず身に着けなければならないことなのか?警備業務上、事件などに巻き込まれた際、どのような行動をしなければならないのか?

機械警備業務の定義とは? - 機械警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務との違いは?機械警備業務のメリットとデメリットは?機械警備のセンサーや感知器にはどのようなものがあるか?

身辺警備業務(ボディガード)の定義とは? - 身辺警備業務(ボディガード)とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?身辺警備業務の方式や留意事項はどのようなものがあるのか?

輸送警備業務の定義とは? - 輸送警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?輸送警備業務の形態にはどのようなものがあるのか?また輸送経路と計画にはどのようなものがあるのか?

雑踏警備業務の定義とは? - 雑踏警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?雑踏警備業務の形態にはどのようなものがあるのか?また相手に安心感を与える雑踏警備とはどのようなものなのか?

施設警備業務の定義とは? - 施設警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務の形態である常駐警備、巡回警備と違いは何か?警備業の歴史が長い施設警備業務について理解しましょう。

カテゴリ

警備業法関連

警備業者と警備員のあり方、業務・仕事について、初心者にも分かりやすく警備業法を解説。対象は主に警備業法の第1条、第2条、第3条、第14条、第15条、第16条、第17条、第21条になります。

業務と仕事関連

一般的な警備業務全般と警備員の仕事について、セキュリティ上特殊な範囲のものを除き、分かりやすく解説。また警備上必要な警備業法以外の法律についても解説を加えます。

注目記事

身辺警備業務(ボディガード)の定義とは?

施設警備業務の定義とは?

プロフィール

サイトのアイコン

小西

  • 趣味や好きなこと
    サイクリング、ハイキング、徒歩の旅
  • 近況
    英会話勉強中です。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加