交通誘導の合図を送る道具

雑踏警備の警備員が警備会社から支給されて携帯する警笛(ホイッスル)、白手(白手袋)、誘導灯(信号灯)などの道具について説明していきます。

誘導合図を送る主な道具

雑踏警備において警備員が誘導する場合、誘導の基本方式から具体的な警備員の誘導動作、警備員配置に至るまで、警備全体の存在が重要になりますが、ここでは交通誘導に直接関与する以下の道具についてのみ説明しています。

  • 警笛
  • 白手(白手袋)
  • 誘導灯(信号灯)
  • 手旗(誘導旗)

警笛と白手は常に身に着けるものです。誘導灯は点灯(または点滅)する棒のようなものです。手旗(誘導旗)は紅白の旗(赤い旗のみまたは黄色の旗のケースもある)で、主に日勤(日中)のみで利用されます。なお手旗を携帯するケースは限られていますので、通常は手旗ではなく誘導灯を携帯している警備員が多いです。

警笛とは

警笛とは一般にホイッスルと呼ばれているものです。雑踏警備の場合、警笛はポケットに入れるなどして身に着けるものではなく、常に身体から離れず瞬時に利用できるよう、モール(警備員が腕を通して肩からかけている紐)の先に警笛をつけます。

なお、警笛による誘導は車両など歩行者以外に限られます。歩行者に対しての誘導は、事故が生じる恐れがある緊急時を除き、口頭(言葉)による誘導です。

白手とは

警備員が身につけている白手は工事現場などの作業時に使う手袋とは違います。工事現場に勤務している警備員は誤解されやすいかもしれませんが、白手を身に着けます。なぜなら警備員は工事現場の作業する業務ではないからです。

交通誘導をすることが業務である警備員にとって白手の役割とは、工事現場作業で手を保護することではありません。白手をつけた手の動作、手の向きなどにより、停止、進行、方向など誘導する手を目立たせることが目的です。

誘導灯とは

信号灯と呼ばれることもありますが、信号機とは違います。交通誘導で使う棒状の道具で、夜間になると点灯(または点滅)します。警備員の場合、誘導灯は通常、車両停止の合図時に左手、車両進行の合図時で右手に持ちますが、状況により左右持ち替えたり、両方の手に持ったりします。以前は日勤(日中)の勤務に適した誘導灯と夜勤(夜間)の勤務に適した誘導灯の2種類があり、双方を携帯したり使い分けたりする時代がありましたが、最近ではそのような区別なく昼夜兼用で使うことが多いです。

なお歩行者に対しては、急ぎ停止や夜間の場合などの方向指示としての役割を除き、原則として誘導灯による合図ではなく、白手や口頭を用います。特に日勤(日中)に誘導灯で歩行者に合図を送るのは失礼にあたるので慎むべきです。

手旗とは

黄色い旗を使う場合もありますが、特殊なケースなのでここでは紅白に限定して説明します。紅白の旗の場合、原則として左手に赤、右手に白を持ちます。旗の合図の基本は、赤は停止、白は進行を意味します。赤い旗の場合は誘導灯と同じです。

なお、夜間はもちろんのこと、日勤でも冬の夕刻は旗が見えにくくなりますので、誘導灯を携帯することが多いです。

関連記事

警備員の指示は守らなければならないのか? - 警備員からの指示は、絶対に守らなければならないのか?警備員の指示には強制力があるのか?指示を守らないことによって、何らかの弊害があるのか?

過去5年間の在籍確認 - 警備会社で警備員の面接を受けた際、過去五年間の職歴や学歴などを詳しく質問された。また履歴書の学歴や職歴についても、隙間なく期間を埋めて、しっかり書くように指摘される。

警備員の警戒棒の目的と構え方 - 警備員が持つ警戒棒の構え方とその警戒する状況について。警戒棒を携帯するケースと目的、実技の中で上段の構えが存在しない理由とは?

警備服 - 警備服には、夏服、冬服はあるのでしょうか?警備服をアレンジしてもよいのでしょうか?夏の暑い日は警備会社から与えられた制服の上着は着用しなくてもよいのでしょうか?

警備員の護身用具 - 護身用具は、警備員または警備会社が勝手に独自の判断で携帯できるのでしょうか?護身用具の規制とは?注意点とは?護身用具の概要について。

身分証明書が必要な理由 - 警備員として働く際、本籍地で発行する身分証明書が必要です。身分証明書は免許証やパスポートで代用できるか?身分証明書が必要な理由とは?

特別に権限を与えられていない - 警備員には警察官のような職務質問や取調べ行為は許されているのでしょうか?警備員には警察のような権限は一切ありません。では警備員が許される範囲とは?

警備員教育の義務 - 警備員への教育は法律で義務付けられています。警備員教育は基本教育と業務別教育に分かれます。警備業者は警備員への教育のほか、指導、監督が必要です。

警備会社設立の条件 - 警備会社を設立する際、他の産業と比べて条件が厳しく感じるのはなぜか?法規制されているのはなぜか?その理由は世の中のニーズに応えるべく必要不可欠なことなのです。

警備員の制服 - 警備員と警備会社は警備業務をするとき、勝手に好き勝手な制服を着用することが出来ません。制服にはさまざまな制限(規制)があります。

カテゴリ

警備業法関連

警備業者と警備員のあり方、業務・仕事について、初心者にも分かりやすく警備業法を解説。対象は主に警備業法の第1条、第2条、第3条、第14条、第15条、第16条、第17条、第21条になります。

業務と仕事関連

一般的な警備業務全般と警備員の仕事について、セキュリティ上特殊な範囲のものを除き、分かりやすく解説。また警備上必要な警備業法以外の法律についても解説を加えます。

注目記事

特別に権限を与えられていない

プロフィール

小西

  • 趣味や好きなこと
    サイクリング、ハイキング、徒歩の旅
  • 近況
    英会話勉強中です。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加