特別に権限を与えられていない

警備員には警察官のような職務質問や取調べ行為は許されているのでしょうか?警備員には警察のような権限は一切ありません。では警備員が許される範囲とは?

警備員は一般私人

基本原則の中の「この法律により特別に権限を与えられていない」という部分を説明しますと、 そもそも、警備業務は公人ではなく、私人の範囲での行為しかできないということです。言い換えると、「警備業者(警備員も含む)は、一般人に出来ない権限の範囲を、あたかもできるようになっているのではなく、当然ながら警備業法によっても、そういうことは一切言っていないよ」ということです。

職務質問について

結論から言うと、警備員は職務質問なんて出来ませんが、警備関係者以外の一般の方からみると、職務質問に近い行為をされたと感じることがあるかもしれません。(もちろん警備員は警察のような職務質問しているわけではありませんが)例えば、施設警備などで建物の所有者の依頼を受け建物を警備しているときは、当然ながら所有者の代理として、所有者の権利の範囲で、不審者に対して声を掛けたり、注意するなど、警備内容を知らない一般の方から見て職務質問と誤解されることは考えられます。(それであっても警備員は警察のように振舞ってはならない)しかしながら、警備と全く関係ない場所で、不審者に職務質問類似行為をすることは許されません。

取り調べ行為は?

よくドラマなどでありがちですが、現行犯逮捕した後に容疑者を取調べをするシーンがあります。このような行為も警備員には権限が与えられていないので実施することが出来ません。速やかに警察機関へ連絡するようにしてくださいね。

最新(更新)記事

警備員の指示は守らなければならないのか? - 警備員からの指示は、絶対に守らなければならないのか?警備員の指示には強制力があるのか?指示を守らないことによって、何らかの弊害があるのか?

警備服 - 警備服には、夏服、冬服はあるのでしょうか?警備服をアレンジしてもよいのでしょうか?夏の暑い日は警備会社から与えられた制服の上着は着用しなくてもよいのでしょうか?

機械警備業務の定義とは? - 機械警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務との違いは?機械警備業務のメリットとデメリットは?機械警備のセンサーや感知器にはどのようなものがあるか?

施設警備業務の定義とは? - 施設警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務の形態である常駐警備、巡回警備と違いは何か?警備業の歴史が長い施設警備業務について理解しましょう。

警備の種類と警備業務全般の定義について - 警備業は人材派遣業ではないのと同様に人材派遣業者が警備員を派遣することはできない。警備業は他人(他社)との契約に基づく業務であり、且つ警備業法で定められた業務のみが警備業務に該当する。

警備業法第1条(目的)の背景 - なぜ警備業法が制定されたのか?その目的とは何か?について。まずは警備業法が発足された背景についてその概要を説明していきます。

交通誘導の合図を送る道具 - 雑踏警備の警備員が警備会社から支給されて携帯する警笛(ホイッスル)、白手(白手袋)、誘導灯(信号灯)などの道具について説明していきます。

過去5年間の在籍確認 - 警備会社で警備員の面接を受けた際、過去五年間の職歴や学歴などを詳しく質問された。また履歴書の学歴や職歴についても、隙間なく期間を埋めて、しっかり書くように指摘される。

警備員の警戒棒の目的と構え方 - 警備員が持つ警戒棒の構え方とその警戒する状況について。警戒棒を携帯するケースと目的、実技の中で上段の構えが存在しない理由とは?

警備員の護身用具 - 護身用具は、警備員または警備会社が勝手に独自の判断で携帯できるのでしょうか?護身用具の規制とは?注意点とは?護身用具の概要について。

カテゴリ

警備業法関連

警備業者と警備員のあり方、業務・仕事について、初心者にも分かりやすく警備業法を解説。対象は主に警備業法の第1条、第2条、第3条、第14条、第15条、第16条、第17条、第21条になります。

業務と仕事関連

一般的な警備業務全般と警備員の仕事について、セキュリティ上特殊な範囲のものを除き、分かりやすく解説。また警備上必要な警備業法以外の法律についても解説を加えます。

人気記事

特別に権限を与えられていない

プロフィール

小西

  • 趣味や好きなこと
    サイクリング、ハイキング、徒歩の旅
  • 近況
    英会話勉強中です。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加