警備業の歴史

東京オリンピックで大きく成長した日本の警備業。その発祥は欧米から警備に対する考え方や方法が導入されたものでしたが、やがて日本独自の発展を遂げることとなる警備業。まずは警備業の歴史を見ていきましょう。

警備業の発足は海外から

もともと日本は外国と比べると治安が良かったこともあって警備という考え方はあっても警備業という業務やビジネスとしてセキュリティの考え方はなかったんです。米国のように探偵社から発展したものや英国のように保険から発展したものなど、業務としての警備は欧米が発祥といわれています。

警備と保障

日本の警備会社やセキュリティなどでは○○警備という名前だけじゃなくて、○○警備保障という会社の名前をつけているところもありますよね?この保障という言葉は英語の保険という意味から引き継がれたなごりといわれています。

米国で警備が発展

米国でもっとも警備のシステムや手法、仕組み、考え方などセキュリティのノウハウが拡大したのは第2次世界大戦時といわれています。軍事関連の研究開発や生産などの管理や設備などでセキュリティや警備が必要だったからなんです。

警備業が日本で産声を上げた時代

日本で警備を独立したビジネスとして産声を上げたのは昭和37年頃。業務やビジネスとして発展することはないと見る向きもありましたが、当時の日本は高度成長期であり、また東京オリンピックや大阪万博など、世界からオリンピック選手や観光客などを招くこともあり、欧米ではすでに確立していた警備のシステムや手法、仕組み、そして警備に対する考え方を輸入する必要があったのです。

当時はまだ警備業法という法律はありませんでしたが、警備、セキュリティの認知は着実に日本に浸透していったのです。

最新(更新)記事

特別に権限を与えられていない - 警備員には警察官のような職務質問や取調べ行為は許されているのでしょうか?警備員には警察のような権限は一切ありません。では警備員が許される範囲とは?

警備員教育の義務 - 警備員への教育は法律で義務付けられています。警備員教育は基本教育と業務別教育に分かれます。警備業者は警備員への教育のほか、指導、監督が必要です。

警備会社設立の条件 - 警備会社を設立する際、他の産業と比べて条件が厳しく感じるのはなぜか?法規制されているのはなぜか?その理由は世の中のニーズに応えるべく必要不可欠なことなのです。

警備員の制服 - 警備員と警備会社は警備業務をするとき、勝手に好き勝手な制服を着用することが出来ません。制服にはさまざまな制限(規制)があります。

警備員の護身術 - 警備員の護身術とはどのようなものか?必ず身に着けなければならないことなのか?警備業務上、事件などに巻き込まれた際、どのような行動をしなければならないのか?

機械警備業務の定義とは? - 機械警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務との違いは?機械警備業務のメリットとデメリットは?機械警備のセンサーや感知器にはどのようなものがあるか?

身辺警備業務(ボディガード)の定義とは? - 身辺警備業務(ボディガード)とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?身辺警備業務の方式や留意事項はどのようなものがあるのか?

輸送警備業務の定義とは? - 輸送警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?輸送警備業務の形態にはどのようなものがあるのか?また輸送経路と計画にはどのようなものがあるのか?

雑踏警備業務の定義とは? - 雑踏警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?雑踏警備業務の形態にはどのようなものがあるのか?また相手に安心感を与える雑踏警備とはどのようなものなのか?

施設警備業務の定義とは? - 施設警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務の形態である常駐警備、巡回警備と違いは何か?警備業の歴史が長い施設警備業務について理解しましょう。

カテゴリ

警備業法関連

警備業者と警備員のあり方、業務・仕事について、初心者にも分かりやすく警備業法を解説。対象は主に警備業法の第1条、第2条、第3条、第14条、第15条、第16条、第17条、第21条になります。

業務と仕事関連

一般的な警備業務全般と警備員の仕事について、セキュリティ上特殊な範囲のものを除き、分かりやすく解説。また警備上必要な警備業法以外の法律についても解説を加えます。

注目記事

身辺警備業務(ボディガード)の定義とは?

施設警備業務の定義とは?

プロフィール

サイトのアイコン

小西

  • 趣味や好きなこと
    サイクリング、ハイキング、徒歩の旅
  • 近況
    英会話勉強中です。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加