施設警備業務の定義とは?

施設警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務の形態である常駐警備、巡回警備と違いは何か?警備業の歴史が長い施設警備業務について理解しましょう。

施設警備業務の概要

施設警備業務とは警備する業者や警備員が依頼者の施設などの管理権を民事契約に基づいて事故などの発生を警戒・防止する業務のことです。施設警備業務は日本だけでなく海外で最も歴史が古くメジャーな警備業務です。で施設警備業務は大きく分けて常駐警備、巡回警備、機械警備の3種に分かれます。

(機械警備業務については警備形態が施設警備業務と大きく異なるため、機械警備業務の定義とは?で説明します)

常駐警備とは

常駐警備とはオフィスビルやショッピングモール、レジャー施設などの建物に警備員を常駐させ、その建物の出入管理や建物内を巡回する警備業務を実施し、盗難などの事故を警戒し防止する業務のことです。特殊な警備形態としてはスーパーやデパートなどで商品盗難の防止や警戒する業務や空港などで航空機内へ危険物を持ち込み防止のために手荷物検査やボディーチェックをする空港の保安警備などがあります。なお出入管理業務では人の出入り管理の他、物品や車両の出入管理をします。

巡回警備とは

巡回警備とは先の常駐警備のように警備員は常駐しないが、警備する対象施設や指定区域内を盗難や火災などの事故発生がないかどうか車両等で巡回し、安全を点検や被害の最小化を目的とする業務のことです。巡回警備は巡回経路のパターンに沿って巡回する方法と予定時間に合わせて巡回する方法の2種類があります。

関連記事

警備員の指示は守らなければならないのか? - 警備員からの指示は、絶対に守らなければならないのか?警備員の指示には強制力があるのか?指示を守らないことによって、何らかの弊害があるのか?

過去5年間の在籍確認 - 警備会社で警備員の面接を受けた際、過去五年間の職歴や学歴などを詳しく質問された。また履歴書の学歴や職歴についても、隙間なく期間を埋めて、しっかり書くように指摘される。

警備員の警戒棒の目的と構え方 - 警備員が持つ警戒棒の構え方とその警戒する状況について。警戒棒を携帯するケースと目的、実技の中で上段の構えが存在しない理由とは?

警備服 - 警備服には、夏服、冬服はあるのでしょうか?警備服をアレンジしてもよいのでしょうか?夏の暑い日は警備会社から与えられた制服の上着は着用しなくてもよいのでしょうか?

警備員の護身用具 - 護身用具は、警備員または警備会社が勝手に独自の判断で携帯できるのでしょうか?護身用具の規制とは?注意点とは?護身用具の概要について。

身分証明書が必要な理由 - 警備員として働く際、本籍地で発行する身分証明書が必要です。身分証明書は免許証やパスポートで代用できるか?身分証明書が必要な理由とは?

特別に権限を与えられていない - 警備員には警察官のような職務質問や取調べ行為は許されているのでしょうか?警備員には警察のような権限は一切ありません。では警備員が許される範囲とは?

警備員教育の義務 - 警備員への教育は法律で義務付けられています。警備員教育は基本教育と業務別教育に分かれます。警備業者は警備員への教育のほか、指導、監督が必要です。

警備会社設立の条件 - 警備会社を設立する際、他の産業と比べて条件が厳しく感じるのはなぜか?法規制されているのはなぜか?その理由は世の中のニーズに応えるべく必要不可欠なことなのです。

警備員の制服 - 警備員と警備会社は警備業務をするとき、勝手に好き勝手な制服を着用することが出来ません。制服にはさまざまな制限(規制)があります。

カテゴリ

警備業法の目的

警備業法第1条(目的)について、警備業の歴史と日本に警備業が発足し、その後警備業法が制定されるまでの歴史と背景について初心者にも優しく解説しています。

警備業法の定義

警備業法第2条(定義)について、法律が定める警備業務とは何であるか?について初心者にも優しく解説しています。警備業は人材派遣業ではないことに注意。警備業務は法律で厳しく規制されている。

警備業の要件と警備員の制限

警備業法第3条(警備業の要件)と警備業法第14条(警備員の制限)について、初心者にも分かりやすく解説しています。警備業者としての業務だけでなく、警備員として初めて働くことを考えたときにも、役に立つことでしょう。

警備業務実施の基本原則

警備業法第15条(警備業務実施の基本原則)について、かつては第8条であった警備業務実施の基本原則。警備業務本来の意味を初心者にも優しく解説しています。

服装

警備業法第16条(服装)について、初心者にも分かりやすく解説しています。警備員は事前に届出された服装で行うことが定められている。

護身用具

警備業法第17条(護身用具)について、初心者にも優しく解説しています。警備員は警察でもなく自衛隊でもなく機動隊でもない。事前に届出されている護身用具を携帯することも使用することも規制と制限がある。

教育

警備業法第21条(警備業者等の責務)と警備業法第22条(警備員指導教育責任者)について、その概要をまとめました。警備業務を実施するためには最低限の知識として知っておかなければなりません。

注目記事

特別に権限を与えられていない

著者情報

小西

このエントリーをはてなブックマークに追加