警備業法第1条(目的)の背景

なぜ警備業法が制定されたのか?その目的とは何か?について。まずは警備業法が発足された背景についてその概要を説明していきます。

警備業法第1条とは?

警備業法第1条には、「この法律は、警備業について必要な規制を定め、もつて警備業務実施の適正を図ることを目的とする」と書かれています。目的の項目の文章は短いですが、警備員や警備会社にとって、とても重要な要素が含まれています。

警備業務実施の適正を図ること

この文章の中で最も重要な部分は後半の「警備業務実施の適正を図ること」に集約されています。なぜなら、ここで言わんとすることとは、警備やセキュリティの業務が適切かつ効果的に実施されるだけでなく、警備員または警備会社としてあたかも権限があるかのように行き過ぎてしまう行為を防止し、結果的に不正(不法や不当事案)に至らないようにすることを大きな警備業の目的として掲げているからなのです。

警備員の制服と心理状態

警備員はボディガード等、周囲から警備員だと隠す場合以外では警備員としての制服を着用して警備業を実施しますが、日本人は制服に弱い一面があり、且つ警備員自身、制服を着用することで何らかの権限があるかのように錯覚してしまうことが起こりうるのです。このように警備員または警備会社には、警察官や警察機関等とは異なり、一切の権限が与えられていないことに注意しなければならないのです。

以上のような規制を設けるために警備業法が制定されたのですが、その他の詳しい内容については警備業の歴史警備業法は日本の経済発展と共に改正として、警備業が日本に浸透するまでの歴史を警備業法改正と共にまとめましたので、こちらを参照してください。

最新(更新)記事

特別に権限を与えられていない - 警備員には警察官のような職務質問や取調べ行為は許されているのでしょうか?警備員には警察のような権限は一切ありません。では警備員が許される範囲とは?

警備員教育の義務 - 警備員への教育は法律で義務付けられています。警備員教育は基本教育と業務別教育に分かれます。警備業者は警備員への教育のほか、指導、監督が必要です。

警備会社設立の条件 - 警備会社を設立する際、他の産業と比べて条件が厳しく感じるのはなぜか?法規制されているのはなぜか?その理由は世の中のニーズに応えるべく必要不可欠なことなのです。

警備員の制服 - 警備員と警備会社は警備業務をするとき、勝手に好き勝手な制服を着用することが出来ません。制服にはさまざまな制限(規制)があります。

警備員の護身術 - 警備員の護身術とはどのようなものか?必ず身に着けなければならないことなのか?警備業務上、事件などに巻き込まれた際、どのような行動をしなければならないのか?

機械警備業務の定義とは? - 機械警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務との違いは?機械警備業務のメリットとデメリットは?機械警備のセンサーや感知器にはどのようなものがあるか?

身辺警備業務(ボディガード)の定義とは? - 身辺警備業務(ボディガード)とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?身辺警備業務の方式や留意事項はどのようなものがあるのか?

輸送警備業務の定義とは? - 輸送警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?輸送警備業務の形態にはどのようなものがあるのか?また輸送経路と計画にはどのようなものがあるのか?

雑踏警備業務の定義とは? - 雑踏警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?雑踏警備業務の形態にはどのようなものがあるのか?また相手に安心感を与える雑踏警備とはどのようなものなのか?

施設警備業務の定義とは? - 施設警備業務とはどのような業務を行う警備として定義されているのか?施設警備業務の形態である常駐警備、巡回警備と違いは何か?警備業の歴史が長い施設警備業務について理解しましょう。

カテゴリ

警備業法関連

警備業者と警備員のあり方、業務・仕事について、初心者にも分かりやすく警備業法を解説。対象は主に警備業法の第1条、第2条、第3条、第14条、第15条、第16条、第17条、第21条になります。

業務と仕事関連

一般的な警備業務全般と警備員の仕事について、セキュリティ上特殊な範囲のものを除き、分かりやすく解説。また警備上必要な警備業法以外の法律についても解説を加えます。

注目記事

身辺警備業務(ボディガード)の定義とは?

施設警備業務の定義とは?

プロフィール

サイトのアイコン

小西

  • 趣味や好きなこと
    サイクリング、ハイキング、徒歩の旅
  • 近況
    英会話勉強中です。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加